.Net Frameworkによる業務用データベースシステムの開発

イメージ図

お客様のご要望・業務内容に応じて開発する、オーダーメードのシステムです。(必要に応じて、内容を随時変更することも可能です)市販のソフトを使用する場合と比較して、実際の業務に即した内容にすることができ、非常に使いやすいシステムができます。

-開発事例-

顧客情報管理システム、業務管理(売上管理)システム、商品管理システム、不動産管理システム等

■業務用データベースシステムとは?

顧客データや取扱商品の販売実績等のデータをデータベースとして保存しておくと、必要に応じて条件に合ったものを抽出したり並び替えて分析したりすることができます。
例えば「顧客データから男性または女性のみを抽出する」といったことや、「商品Aを購入した顧客が何人いたか?」、「顧客毎の販売実績は?」といったデータの分析等も行えます。

■.Net Frameworkとは?
Microsoft社が開発した、新しい開発・実行環境のことで、これを使用してシステムを開発することで、従来のAccessで開発していたシステムと比較して以下のような利点があります。

 ●柔軟なシステム構成

★Accessで開発
データの入力や削除、レポートの表示といった操作を行うプログラム部分と実際のデータを管理するデータベースが同じなので、新機能の追加や仕様の変更時には一旦業務を停止し、プログラムの変更・データのインポートを行う必要があります。システムはAccessのデータベースに依存します。
★.Net Frameworkで開発
プログラム部分がデータベースと独立しているため、データベース構成に依存しない新機能の追加や仕様の変更時には、システムを停止させることなく行うことが可能です。
システムは使用するデータベースに依存しないので、今まで使用していたAccessのデータベースをそのまま使用することも可能ですし、SQLServer、Oracle等のデータベース、Excelのデータを使用することも可能です。

 

 ●多人数での使用

★Accessで開発
Access自体が元々スタンドアロンシステム(1台のPCでデータベースを操作するシステム)での使用を前提にされているので、クライアント・サーバーシステム(多数のPCからデータベースにアクセスして操作するシステム)のような多人数での使用においては処理能力及びシステムの安定性に問題が発生する場合があります。
★.Net Frameworkで開発
多人数での使用に適した仕様になっており、必要時以外はデータベースと非接続な状態で動作する(データの入力や削除等の操作をデータベースに接続することなく行え、更新を指示したときのみデータベースに接続する)ので、多人数で使用する場合でもより安定したシステム運用が可能です。
初めはAccessのデータベースを使用したシステムを構築しておき、使用者数の増加に合わせてSQLServer等の本格的なデータベースへ移行するといったことも比較的簡単に行えます。

 

 ●より対話性のある機能の提供および視覚的なデータ分析

★Accessで開発
Accessで売り上げ実績等の分析結果をレポート表示させる場合、各項目の並び替え等の条件設定は一旦フォーム上で行い、その結果をレポート画面で表示・印刷という手順を踏む必要があります。
★.Net Frameworkで開発
.Net Frameworkでは、レポート画面上で直接条件設定を行うことができます(印刷時にもその結果が反映されます)。また多彩なグラフ表示を利用して、より視覚的にデータ分析を行うことが可能となります。